一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
発作が来る

絶望が僕を蝕む
死が僕を蝕む

闇が迫る

早く朝になればいい。そうすれば、全てを押し込められる。

世界にちっぽけで、憎しみに病み、悲しみに身を晒す。
壊れてゆく。幸せを知った。希望がある。それでも、病のように闇が迫る。

決して心を赦してはならない。拒絶が僕を支える。

秋の夜。静かな闇の中に。
- | comments(0) | -
- | - | -
Comments
Post a Comment










Categories
Search this site :