一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
父が昔、料理をしていて、シェフだった。そのおかげか、うちの家族は兄と僕と父の料理が達人級にうまい。
母は典型的なAB型で、先が読めない。劇的な味の料理を作ったかと思うと、ヒットするものも作ったりする。

平面構成は、料理に似ているなって思った。まだ1回やっただけだけど…。
例えば、塩、ごま油、砂糖、コショウの味を全部知っているから、その場その場で、味を変えていくことができる。臨機応変に。それに似ているかな。まだまだだけど、色を知ればどんな色が、どこに合うかわかるだろう。

苦しんで、苦しんで先に進もう。

共感覚とかいうらいしけど、最近、目覚めた。
どの色とどの色を合わせると、どんな色が出来るか、頭の中でわかるようになった。
微妙な色合いも、組み合わせがぱっと思い浮かぶ。自分で凄いと思った。
授業の課題を制作していたら、急に身についてしまった。頑張るぞ。





寓話 | comments(0) | -
- | - | -
Comments
Post a Comment