一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
トメアスがあるパラ州は、ブラジルで現在、森林破壊が最も深刻な地域だ。違法な伐採をする業者との衝突が、森林農業に取り組む農場主たちを悩ませている。ある農場主は、匿名希望を条件にこんな話を聞かせてくれた。「森林を開拓する際、一部は伐採せずに保全することが法律上義務づけられています。にもかかわらず、守られるはずの森も切り開かれるか、業者が伐採に入りこんでいるのが実情です」

「違法な伐採を見かねて、業者を告発したことがあります。機械がいくつか没収されただけで容疑者は釈放され、私は命を狙われる羽目になりました」と、彼は話を締めくくった。大通りの売店にちょっと立ち寄れば、こんな話がたいてい聞こえてくる。日暮れどきになると人々はそうした店に集まり、ビール片手におしゃべりに花を咲かせる。

なかでも草野球協会の売店は、金曜日になると大にぎわいだ。たっぷり用意された寿司や刺身、魚料理を囲んで、気心の知れた仲間同士、翌週の野球の試合や釣りの話題、次のシーズンの収穫の話などで盛り上がる。

週末ともなれば、地区の行事が目白押しだ。お祭り、運動会、ソフトボールやゴルフの大会。へんぴなアマゾンの小さな町とは思えない充実ぶりに驚かされる。とりわけ毎年7月の盆踊り大会は、夏の行事のハイライト。トメアスの住民たちが心待ちにする、一大イベントとなっている。

だが、祭りのざわめきに耳をすませば、トメアスの新旧世代間のアイデンティティーの混乱が伝わってくる。流暢な日本語で話す年老いた一世たちに、もっぱらポルトガル語を使う若者たち。そして彼らの間には、二つの言語を操り、その両方を母語とする二世、三世の住民たちもいる。

「日本に早く行きたい。お金を稼いで、大学に通いたい」“よりよい機会”を求め、日本に渡る若者が毎年10〜15人はいる。彼らは「デカセギ」と呼ばれ、海を渡ってトメアスへやってきた一世の道のりを逆向きにたどるように、日本をめざす。そうして、二度と戻ってこない者も多いという。

97歳になる林熊男さんは、「孫たちの世代は、私たちよりも大きな困難に直面しています」と話す。初期の移民としてトメアス移住地の歩みを見つめてきた生き証人の、心中は複雑だ。ブラジルと日本、二つの祖国のはざまに生きるトメアスの人々にとっては、アマゾンという自由の大地こそが、心のすみかなのかもしれない。マラリア、飢え、病水害など数々の逆境を乗り越えてきたトメアスの人々の歩む道に、いま、新たな試練が訪れている。

報道 | comments(0) | -
- | - | -
Comments
Post a Comment