一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
過去はもう変えられない。どうしようもない。どんな記憶も、思い出も無駄にはならないはずだ。
小学校は、まだ無邪気で、無知で、人を傷つけたり、傷ついたり、楽しかったし、悲しかった。ううん。良い仲間たちに恵まれて、幸せだった。

中学校は、友人なんてできなくて、いじめられて、恨んで、憎んで、悲しくて、絶望を味わった。けれど、今も心に残る大切な人と出会えたし、彼女を愛するということで、温かい感情も芽生えた。そして、最後はやっぱり楽しかったのだ。辛かった。とても辛かった。けれど、最後には幸せが待っていた。絶望だけではなかったのだ。
ただ、その絶望が幸せを感じるより前に、僕を壊してしまったけれど。今も、人とは何か。友人とは何か。生涯の友人はできるのか。命とはなにか。心とは何か。まだ、答えはでない。恐らく、一生かかって探してゆくテーマになるのではないか。自殺はしない。絶対なんてないけれど、絶対自殺はしない。命続く限り生きようと思う。

そして、大学で、答えに近づきたい。大好きな写真と、大好きな青と、何か手で創る喜びを味わいたい。それは、とても苦しいことだけど、幸せも、楽しみもある。
絵を描きたいでも、写真をもっとやっていきたい。身近なもの、すぐ隣にあるものから、大学の中にあるもの。友人だったり、教授だったり、先輩だったり、後輩だったり。それらを残しておきたい。今まで、私に無かったものそれを求め、見つけ、大切にしたい。
大学ではやりたいことがたくさんある。在学中には全部出来ないかもしれない。けれど、大学院、就職しても、フリーになっても創ることはやめたくない。未来はまだ解らない。けれど、幸福ある世界にも変えていける。希望があるのだ。それが解れば、大丈夫。

大きな闇がある。私の深い深い深い場所の、暗い暗い暗い奥底に。それは絶えず私を蝕んでいる。けれど、長野美術研究所で出会えた、友人。所長の村田陽先生、藤沢瑞紀先生、越ちひろ先生。みんなみんな感謝しています。その想いがあれば、闇に負けない。必ず勝ってみせる。人を好きになれる。

不安もある。家族が嫌いな私も居る。まだ、死を願う感情も、涙一つ流さない冷たい感情もある。変わっていく。まだ、急にはすべて変えられない。少しずつ、大学に進んで、社会に出て、いつか家族とも、友人とも笑い合っていきたい。

太って、禿げて、歳をとって、最後に両親よりあとに笑って死ぬ。友人が悲しんでくれる。先生たちが悲しんでくれる。
大切な思い出と一緒に、死ぬ。天国があるのか解らないけれど、とにかくたくさん幸せをもって、最後を迎えよう。

もう後は振り返らない。過去は楽しくても、辛くても、良いものだった。そう思って前へ進もう。

最後に、私の作品を見て頂いた、東京造形大学の方にありがとう。今私のすべてを表現しました。4月から始めたばかりで、未熟ですが、ありがとうございました。

両親、姉、兄に、大学の再受験をさせてくれてありがとう。
寓話 | comments(0) | -
父が昔、料理をしていて、シェフだった。そのおかげか、うちの家族は兄と僕と父の料理が達人級にうまい。
母は典型的なAB型で、先が読めない。劇的な味の料理を作ったかと思うと、ヒットするものも作ったりする。

平面構成は、料理に似ているなって思った。まだ1回やっただけだけど…。
例えば、塩、ごま油、砂糖、コショウの味を全部知っているから、その場その場で、味を変えていくことができる。臨機応変に。それに似ているかな。まだまだだけど、色を知ればどんな色が、どこに合うかわかるだろう。

苦しんで、苦しんで先に進もう。

共感覚とかいうらいしけど、最近、目覚めた。
どの色とどの色を合わせると、どんな色が出来るか、頭の中でわかるようになった。
微妙な色合いも、組み合わせがぱっと思い浮かぶ。自分で凄いと思った。
授業の課題を制作していたら、急に身についてしまった。頑張るぞ。





寓話 | comments(0) | -
◇受験校

東京藝術大学 デザイン学科
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科
多摩美術大学 グラフィックデザイン学科
京都造形芸術大学 コミュニケーションデザイン学科

京都造形デザイン専門学校

◇九月勉強計画

◆英語
基礎英文問題精講
キクタンsuper
キクタンadvance
ネクステ
キムタツセンターリス基礎篇・実践篇

◆国語
センター現代文が面白いほど(評論・小説)シリーズ
マドンナ古文単語230
吉野古典文法
漢文ヤマのヤマ

◆政治経済
政治経済が面白いほど取れる本
詳説政治経済
過去問レビュー(黒本)





若干修正を。10月5日に代ゼミセンター模試を受けてきます。長野県JAビルです。
日本史は、今からだと完全に間に合わないので、政治経済で攻めることにしました。

展覧会大成功に終わりそうです。僕の作品もちらほら売れていました。かつて愛した女性に、手紙を8年ぶりに送りました。返事をもらうことは考えていなかったので、名前だけでした。僕が中学から10年間苦しんで、絶望して、そして彼女が希望だった、親にも周りにも言えなかったことを伝えました。

僕が自殺で死んでも、何かを残したかった。唯一人の友達だったから、打ち明けてみました。

最近は、絵を描くのも苦しいです。
絵を描く→ヘタで嫌悪感を自分に抱く→でも描かないとうまくならない→苦しい
の負の連鎖です。もうわからない。

そんな感じの今週でした。

p.s キムタツのセンターリスニング易しすぎだろ。てか、センターもこのくらい易しいのか?
ネイティブの教授とディスカッションしてたほうが、全然難しい。当たり前か。
いつのまにか、結構力がついてたんだな。ありがとう、トム。
寓話 | comments(0) | -
長野の夜が更けてゆく。軽井沢から長野市へ。
8月中旬から9月上旬にかけて引越しします。今姉が住んでいるところが空くのでそこで一人暮らしです。
そこは、目の前に大きな川があって、夜窓を開けているとサラサラと水が流れる音が聞こえてきます。懐かしい音。僕が小さい頃毎日聞いていた音。でも、今ほど意識していなくて、当たり前のようだった。
そして、川の上を線路が通っていて、しなの鉄道という鈍行列車や、新幹線などが通る。
これもガタンゴトンと時折、遠くから聞こえてくる。裾花川としなの鉄道のハザマで。
無いのは、海だけか。そして、周りがあまり高い建物がない、駅から歩いて15分の住宅地。空がひらけて眺めがいい。窓から小さい頃毎日遊んだ、隣の公園を眺めて懐かしむ。

過去が嫌いと言った。けど、最近気づいた。変われるって。
今は、まだ完全に好きって言えないけど、好きな思い出も過去もあるんだな。
そんな過去を棄てていた僕の愚かさを思っている。けど、やっぱり軽井沢は嫌いかな。
嫌な思い出が多すぎる。もう名前も覚えていない中学・高校の友人。所詮はその程度。

今を大切に。でも、まだ美研の人は友達ではない。ただ、そこに居るだけ。ただの人。今をたまたま一緒にいるだけ。
けど、腹をわって話した子とかは、けっこう好きになっていく。恋愛感情ではなくて、人として好きみたいな。

変われる。変わりたい。一生の友人を作りたい。そのために大学へ。奨学金の問題があるけれど、頑張ってみる。

2008年7月19日。深夜。まだまだ夜は更けていく。



寓話 | comments(0) | -
長野市が唸るような暑さにみまわれてきた。今年の梅雨は短かったな、と思う。それらしいまとまった雨も降らず、ちょっと寂しい。
僕は雨の日が好きだ。ネクラだっていわれるけれど、少し雨が入らない程度に窓を開けて、屋根に雨が当たる音を聞きながら、雨の空気、匂いを嗅ぎ、草木に当たる音を聞く。
とても落ち着くんだ。そんな日は、そうしながら天井を見つめてぼーっとする。ヤサシイクウカン。

草木に当たるザーっと降る音。屋根に当たってバラバラという音。聞いていて飽きない。僕は雨の中でかけるのも好きだ。傘にぶつかる雨音、流れる水滴。安いビニール傘に限る。雨の街中は、また違った顔を見せる。
カメラ片手に、路地を右に左に、シャッターチャンスは突然訪れる。

そうして各駅停車の鈍行列車で帰るのだ。電車も雨の日はまた少し違う。彩りの傘、流れる景色。別の世界への白昼夢の中にいるよう。
突然窓から光がさす。空が晴れ、雨がやむ前兆。雨が降ると空気が澄んでいく気がする。青空と雲の陰影がとても綺麗だ。

カメラ片手に、お気に入りのジュースを飲んで素敵なカフェなんか探す。雨が降っても大丈夫。晴天も好きだけど、うーん。えもいわれぬ情景を探して、街に繰り出す。
僕は元気です。ここは京都。この街で生きていけたらどんなにいいことか。

金沢。千葉。住んでみたいところは、まだまだ。ヤサシイクウキを求めて。
寓話 | comments(0) | -
Categories
Search this site :